失敗しないキャンプ場の選び方

キャンプ場選びは慎重に

バイクツーリングでのキャンプ場選びは意外と重要です。
キャンプ場には様々なタイプがあり立地や運営状態、設備は大きく違います。
そのためきちんと吟味しないと到着してイメージしていたキャンプとは違うものになってしまうこともあり危険です。

初心者はキャンプ場選びで失敗してしまうことも多くあります。
そこで事前にキャンプ場選びのコツを頭に入れておきましょう。

早めに到着できる場所を探す

キャンプ場の場合には普段のホテルや旅館の宿泊と違い到着してからテントの設営や食事の準備などが必要です。
そのため到着するのは日が暮れる前に設定するのはもちろんですができるだけ早めにしておくようにしましょう。

暗い中でテントを張るのは上級者で泣ければ難しいです。
キャンプ場までの道も山の中を走ることになるのでできるだけ早めの時間帯に到着できる場所を選ぶようにしましょう。

ホームページだけでなく口コミも参考にする

キャンプ場は設備や環境が様々です。
そのため環境によって必要となる道具も違ってきます。
そこでホームページでしっかりと情報収集が必要です。

キャンプ場の中には設備も何もなく完全に森の状態の場所もあります。
初心者では宿泊が難しいような環境のこともあるので設備の内容を確認する際にはキャンプ場のホームページだけでなく実際に利用した人の口コミも合わせて確認しておきましょう。

キャンプ場の設備は有無だけでなく使い勝手についても確認しておくほうが安心です。
シャワーやお風呂があっても狭かったり並んでいて使うのに時間がかかったりすれば近くの温泉を利用したほうがいい場合もあります。
このような細かい設備の情報はホームページよりも口コミのほうが参考になるので口コミを確認することが望ましいです。

キャンプ場は複数候補を出しておく

キャンプ場も利用するにあたっては予約が必要なところが多いです。
特にゴールデンウイークや夏休みといったシーズンはキャンプ場を利用する人が増えます。
そのため人気のあるキャンプ場は予約が埋まりやすいです。

そこでキャンプツーリングに出かける際にも事前にキャンプ場は予約をしておく必要があります。
早めに予約をしないと埋まってしまい利用できない可能性も高いです。
そこでキャンプ場を探す際にはいくつか候補を出しておき断られた際にもすぐに次のキャンプ場に連絡ができる状態にしておきましょう。

周辺情報は必ず確認しておく

キャンプ場だけはなくキャンプ場の周辺情報も確認することが大切です。
どうしてもキャンプ場は自然の中にあるため周りに何もない環境にあります。

コンビニやスーパーがあったとしても営業時間が短い場合には到着してからでは間に合わない可能性もあり危険です。
事前に周辺にある店舗の情報は確認し場合によっては事前に買い物をしてからキャンプ場に行くようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です